【北斗の拳 LEGENDS ReVIVE】『魔神ジュウケイ』 バトル動画

2022年10月18日 - SEGA

『魔神ジュウケイ』登場!
『魔神ジュウケイ』を編成したバトルの模様をご紹介します!
※本動画は開発環境でのバトル内容となります。

■見どころ
・[魔界]エリアにより味方をサポート!
・強力な奥義ダメージ!(0:36)(0:55)(8:07)(8:27)
・敵拳士の奥義一定回数以上で奥義[反撃]!(2:14)(4:43)

■魔神ジュウケイの特徴(一部のみ)
▼固有パッシブ【北斗琉拳の極地】
・登場時、自身の最大HPが上昇する。
・登場時、自身を除く修羅の国編と北斗琉拳の味方拳士の最大HPが上昇する。
・登場時、自身に[複数回復活]を1段階付与する。
・登場時、自身に自身の最大HP100%分の[魔闘気・改]を付与する。
・登場時、自身に[魔気吸収]を付与する。
・復活した時、自身の闘気が1000上昇し、さらに自身の攻撃力とダメージ増加が30%上昇し、自身に[踏みとどまり]を2段階付与する。

▼必殺【剛魔斬】
・必殺発動前に目標に[魔闘気・改]が付与されているとき、目標の[魔闘気・改]を目標の[魔闘気・改]の現在上限値25%分減少させる
・1ターンの間、目標の追加ダメージ増加を80%減少させる。
・自身の闘気が200上昇し、目標の闘気を250減少させる。

▼奥義【暗流砕破】
・直線にダメージ。選択中の敵拳士を主目標とする。
・奥義発動時、味方エリアを[魔界]状態にする。
・奥義発動前に自身に[魔闘気・改]が付与されているとき、自身に自身の[魔闘気・改]の現在上限値25%分の[魔闘気・改]を付与する。
・奥義発動前に目標の[魔闘気・改]を目標の[魔闘気・改]の現在上限値25%分減少させる。
・奥義発動前に[封呪]が付与されている敵拳士全員の[魔闘気・改]を対象の[魔闘気・改]の現在上限値10%分減少させる。
・自身に付与されている[魔闘気・改]の割合(現在量/上限量)が高いほど、自身の攻撃力が上昇する(最小10%、最大100%)。
・自身にチャージされている[魔気吸収]をすべて消費し、主目標に消費した[魔気吸収]100%分の[軽減不可ダメージ]を与える。

▼覚醒パッシブ
・登場時、自身のガード率が80%上昇する。
・登場時、自身を除く修羅の国編と北斗琉拳の味方拳士のガード率が40%上昇する。
・自ターン開始時、[魔闘気・改]が付与されている味方拳士全員の攻撃力が5%上昇する。
・自身の攻撃・必殺・奥義で敵拳士を倒したとき(追加ダメージで倒した場合も含む)、その敵拳士に[復活遅延]を付与する。

▼覚醒必殺
・1ターンの間、自身は闘気減少と[挑発]と[必殺封印]を無効化する。
・目標に[封呪]を付与する。
・自身に[踏みとどまり]を1段階付与する。この効果は戦闘中1回まで発動可能。

▼覚醒奥義
・自身の必殺技が発動可能だった場合、この奥義は確定クリティカルとなり、1ターンの間、後列の味方拳士全員の追加ダメージ増加が30%上昇(同タイプの効果と重複可能)する。
・自身の必殺技が未発動だった場合、発動可能にする。
・自身の奥義発動回数が10回目のとき、自身に[複数回復活]を1段階付与する。この効果は戦闘中1回まで発動可能。
・自身の七星解放が星4以上解放しているかつ自ターン中に奥義を発動したとき、自身の闘気が北斗琉拳の味方拳士の数×400上昇する(最大2000)。この効果は1ターンに1回まで発動可能。※1
・自身の七星解放が星4以上解放しているかつ自ターン中に奥義を発動したとき、自身の闘気が北斗琉拳の敵拳士の数×400上昇する(最大2400)。この効果は1ターンに1回まで発動可能。※2
・奥義発動後、敵拳士全員の[魔気吸収]を自身の攻撃力150%分減少させる。この効果は1ターンに1回まで発動可能。

※1、※2:こちらの効果は現在、説明文に沿った効果が適用されておらず、奥義[反撃]時も効果が適用されているため、近日修正予定となります。

※[複数回復活](この効果を持った拳士が倒れたとき、効果回数を1消費し最大HPの100%分HPを回復した状態で復活する。復活後継続と記載がない全てのアクティブバフ・デバフと一部のパッシブバフ・デバフは復活時に消滅。永続。重複可能。この効果はバフ解除の対象に含まれない。)
※[魔闘気・改](攻撃を受けたときHPより先に[魔闘気・改]がダメージを受ける。[魔闘気・改]は経過ターンを考慮した上限値で付与され、既に付与されているとき[魔闘気・改]は加算される。初期上限値は付与された拳士の最大HP300%分まで。上限値は後攻パーティのターン終了時にバトル開始からの経過ターンによって減少する。経過ターン数が10になると[魔闘気・改]の上限値は0になり消滅し、以降[魔闘気・改]は付与できなくなる。WAVE移行時に経過ターンはリセットされる。勝ち抜き形式の十人組手本選では経過ターン状況が引き継がれる。ターン開始時ダメージで[魔闘気・改]の現在量を超えるダメージを受けた場合、溢れたダメージとその後のターン開始時ダメージはHPに影響を及ぼさず[魔闘気・改]はターン開始時の処理終了後に消滅する。一度の行動(リアクションスキル発動後に発生するダメージを除く)で[魔闘気・改]の現在量を超えるダメージを受けた場合、溢れたダメージはHPに影響を及ぼさず[魔闘気・改]が消滅する。リアクションスキル発動後に発生するダメージで[魔闘気・改]の現在量を超えるダメージを受けた場合、溢れたダメージはHPに影響を及ぼさず[魔闘気・改]が消滅する。[魔闘気・改]は[シールド]として扱われないため、[シールド]または[魔闘気]と共存でき、消費の優先度は[シールド]または[魔闘気]>[魔闘気・改]の順に消費される。この効果はバフ解除の対象に含まれない。)
※[魔気吸収](味方拳士に付与されている[魔闘気・改]がダメージを受けたとき、[魔闘気・改]が受けたダメージ量の80%分を[魔気吸収]にチャージする(各拳士の[魔闘気・改]の現在量を超えるダメージ分はチャージされない)。[魔気吸収]の上限値は付与された拳士の最大HP150%分まで。この効果はバフ解除の対象に含まれない。復活後継続。)
※[魔界](味方拳士全員のダメージ増加と奥義ダメージ増加と追加ダメージ増加と奥義ダメージ軽減が30%上昇する。自ターン開始時、味方拳士全員の闘気が200上昇する。[魔闘気・改]が付与されている拳士はこれらの効果が2倍になる。エリア効果はフィールド効果と共存できる。エリアは味方エリアと敵エリアで別れており、それぞれのエリアには1種類のエリア効果が展開可能で優先順位の高いもののみが適用される。エリア効果によるバフ・デバフ効果はエリアが[魔界]状態である限り適用され解除されることはなく、状態異常回避率が100%以上であっても回避できない。発動者が倒れた時に効果が解除されエリアが元に戻る。復活する場合は効果が持続する。)
※[復活遅延](復活待機状態になったとき、復活するまでのターンが1ターン遅延する。付与された対象者のチームに生存中の拳士が一人もいない場合、即座に復活する。)
※[封呪](3ターンの間、ダメージ増加とダメージ軽減を30%減少させる。解除不可。)

■味方編成(前衛左から順)
カイオウ 悪の妄獣
ユリア 高潔なる眼差し
ヒョウ 目覚めし宗家の血
ケンシロウ 世紀末救世主
魔神ジュウケイ
前田慶次 いくさ人の絆

■相手編成(前衛左から順)
カイオウ 悪の妄獣
ユリア 高潔なる眼差し
ヒョウ 目覚めし宗家の血
ケンシロウ 世紀末救世主
ハン 享楽たる死闘
前田慶次 いくさ人の絆

※両編成共に起死回星、精魂、闘覚、慈母の祝福を除くステータスが撮影時点の最大値、全て[黄]護符Lv50装備、撮影時点での最大経絡解放済みとなります。
※動画時間の関係上、一部拳士の奥義演出はスキップさせていただいております。